練馬の弁護士による離婚相談

練馬の弁護士による離婚相談 > Q&A > 財産分与の額はどのように計算すればいいのですか?

財産分与の額はどのように計算すればいいのですか?

まず、婚姻期間中に形成されたそれぞれの名義の純資産の額(プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた額)を計算します。

例えば、婚姻期間中に形成された夫名義のプラスの財産が1000万円でマイナスの財産(負債)が500万円、妻名義のプラスの財産が300万円でマイナスの財産(負債)が100万円であった場合、
夫名義の純資産の額=1000万円-500万円=500万円
妻名義の純資産の額=300万円-100万円=200万円
となります。

なお、純資産の額がマイナスになってしまった場合(プラスの財産よりマイナスの財産の方が多額である場合)は、基本的に0と考えます。

次に、夫婦の純資産の合計額を2で割ります。上記の例でいえば、(夫名義の純資産500万円+妻名義の純資産200万円)/2=350万円となり、350万円分のプラスの財産がそれぞれの手元に残るようにすれば、財産を平等に分けたことになります。

次に、純資産額が多い方が少ない方にいくら支払えばいいのかを計算します。上記の例でいえば、夫名義の純資産額は500万円、妻名義の純資産額は200万円ですので、それぞれの手元に350万円分のプラスの財産が残るように、夫は妻に対して、350万円-妻の純資産200万円=150万円(=夫の純資産500万円-350万円)を支払うべきことになります。

以上をまとめた計算式は、次のとおりです。
(夫の純資産額+妻の純資産額)/2-妻の純資産額 =(夫の純資産額-妻の純資産額)/2

計算方法はこのとおりですが、純資産額を計算する以前に、財産分与の対象外となる財産(特有財産)がないかどうか、負債がある場合にはそれを財産分与において考慮すべきかどうか、といった検討も必要になります。

Contact us

法律相談のご予約はこちら

03-5946-9973

受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

初回相談無料※延長30分5,000円

練馬法律事務所(第二東京弁護士会所属)

〒176-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

大江戸線 練馬駅徒歩1分

離婚に関する質問はお気軽に
お問い合わせください。Contact us

03-5946-9973 受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

メールでのお問い合わせ

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

アクセスAccess

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階