練馬の弁護士による離婚相談

練馬の弁護士による離婚相談 > >

2017.11.20

モラルハラスメント

モラルハラスメントは、DV(これについては「DV」のページをご参照ください)のうち心理的攻撃に属するもの、精神的暴力や嫌がらせのことを指します。

近年は、モラルハラスメントを主たる離婚原因とする離婚事件も増加しています。
モラルハラスメント自体は昔からあっただろうと思うのですが、我慢してしまうケースが多かったのかもしれません。

モラルハラスメンの被害者からよく聞くのは、「キレどころがわからない」ということです。
被害者はできるだけ加害者を刺激しないよう常に気をつけているのですが、加害者は被害者の思いもよらないことで急に怒り出すというのです。
また、スイッチが入ると直前までの態度が180度豹変し、いったん始まってしまうととことん長い、と聞きます。
被害者は、なんとかその状況を終わらせるべく、加害者の言うことを素直に認めたり謝ったりするのですが、加害者は、
本心からそう思っていないだろう、適当に合わせればいいと思っているだろう、などと難癖をつけ、
そのことでまた延々と「お説教」が続き、なかなか解放されないのだと。

モラルハラスメントは、その性質上、自ら声をあげなければ誰にも気づいてもらえないのが通常です。
社会生活では何ら問題を起こない加害者も多いので、身近な人にもなかなか信じてもらえないということもあります。

モラルハラスメントの被害者の多くは、「本当に私が悪いのかもしれない」「私さえ我慢していれば丸くおさまる」と考えてしまいがちですが、
いわれのないことで人格の尊厳を傷つけられるような経験は、誰にとってもつらく、耐え難いことであるはずです。
そのような経験が積み重なると、いつしか深刻な精神的ダメージに発展してしまうこともあり得ます。

これはモラルハラスメントなのか?と悩んでいる段階でもけっこうですので、まずはご相談ください。

Contact us

法律相談のご予約はこちら

03-5946-9973

受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

初回相談無料※延長30分5,000円

練馬法律事務所(第二東京弁護士会所属)

〒176-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

大江戸線 練馬駅徒歩1分

離婚に関する質問はお気軽に
お問い合わせください。Contact us

03-5946-9973 受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

メールでのお問い合わせ

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

アクセスAccess

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階