練馬の弁護士による離婚相談

離婚の種類

Divorce type

審判離婚

審判離婚は、調停では離婚を成立されられない場合に、家庭裁判所の審判で離婚を成立させることです。
しかし、後述するとおり、一方から異議が申し立てられてしまうと効力がなくなってしまうため、審判離婚が利用されることは実務上極めて稀というのが実情です。当事者双方とも離婚に合意しているが、病気等何らかの事情によって調停成立時に出頭できない場合などに利用されるといわれています。

審判後の流れ

離婚の審判が出されたとしても、当事者のどちらかが2週間以内に異議を申し立てれば、審判は効力を失います。異議申立ての理由は問われません。異議の申立ては、署名押印した異議申立書に審判書謄本を添え、審判をした家庭裁判所にこれらを提出することによって行います。
異議申立期間に異議が出されず審判が確定した場合は、離婚が成立します。成立後、申立人は家庭裁判所に審判確定証明申請書を提出し、審判書謄本と審判確定証明書をもらって、審判確定後10日以内に、戸籍謄本、審判書謄本、審判確定証明書を添えて市区町村役場に離婚の届出をします。夫婦の本籍地の市区町村役場で届出をする場合には、戸籍謄本は不要です。

Contact us

法律相談のご予約はこちら

03-5946-9973

受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

初回相談無料※延長30分5,000円

練馬法律事務所(第二東京弁護士会所属)

〒176-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

大江戸線 練馬駅徒歩1分

離婚に関する質問はお気軽に
お問い合わせください。Contact us

03-5946-9973 受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

メールでのお問い合わせ

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

アクセスAccess

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階