練馬の弁護士による離婚相談

DV・モラハラ

DV / moral harassment

DV

DV(domestic violence)は、直訳すると家庭内暴力ですが、現在では、配偶者や交際相手からの暴力という意味で用いられるのが一般的です。DVには、次のようなものが含まれます。

身体的暴行

殴る、蹴る、突き飛ばす、物を投げつける、タバコの火を押し付ける、熱湯・水をかけるなど。

心理的攻撃

人格を否定するような暴言を吐く、長期間無視する、交友関係、外出先、電話やメールのやりとりを執拗に監視する、親族や友人との付き合いをやめさせようとする、外出を禁止する、本人やその親族に危害が加えられると脅すなど。

性的強要

性的な行為を強要する、性的な映像等を見ることを強いる、避妊に協力しないなど。

経済的圧迫

生活費を渡さない、勝手に財産を使う、働くことを妨害するなど。

平成26年の内閣府男女共同参画局の調査によると、配偶者がいる女性の約4人に1人は配偶者からDVを受けた経験があり(男性は約6人に1人)、交際相手からDVを受けたことがある女性は約5人に1人(男性は約10人に1人)となっています。

また、配偶者からDVを受けた女性の約45%(男性は約75%)、交際相手からDVを受けた女性の約40%(男性は約55%)は、DV被害についてどこにも相談していません。

そもそも、自分がDVを受けていることに気づいていないケースもあります。一人で悩まずに、まず相談してみてください。


DVの保護命令

保護命令とは、裁判所からDV加害者に対して出すもので、被害者への接近禁止命令、被害者への電話等禁止命令、被害者の子への接近禁止命令、被害者の親族等への接近禁止命令、自宅からの退去命令があります。
保護命令の申立てあたっては、配偶者暴力相談支援センターや警察に相談や保護を求めた事実が必要になります。その上で、裁判所に対して、書類で申し立てを行うことになります。

Contact us

法律相談のご予約はこちら

03-5946-9973

受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

初回相談無料※延長30分5,000円

練馬法律事務所(第二東京弁護士会所属)

〒176-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

大江戸線 練馬駅徒歩1分

離婚に関する質問はお気軽に
お問い合わせください。Contact us

03-5946-9973 受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

メールでのお問い合わせ

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

アクセスAccess

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階