練馬の弁護士による離婚相談

離婚と子どもの問題

Divorce and child problems

監護権

監護権とは、子どもの身上監護権のことであり、親権の一内容です。
平たくいえば、子どもと一緒に暮らして育てる権利及び義務のことです。

離婚する際には親権者を定めなければなりませんが、いずれを親権者にするかは当事者間の協議で決めることができ、
親権者と監護者を分けることもできます。親権者の場合はいったん決めてしまうと当事者間の協議によっては変更することができず、必ず家庭裁判所の判断をあおぐ必要がありますが、監護者の場合はそのような制限がありません。
当事者間で協議が調わないときは、裁判所が親権者と監護者を定めることになり、極めて稀ですが、親権者と監護者を分けることもあります。

一般に、親権や監護権に関する紛争が裁判所の手続にまで発展した場合、父母の対立関係は相当に深刻化しています。
そのような場合、離婚後に父母が親権者と監護者として協力し合う関係を構築するということは、あまり期待できません。
そうであるにもかかわらず、父母に親権と監護権を分属させることは、後の紛争の種を巻くことにつながり、子どもの利益にならないのではないかとも思えます。
離婚を成立させるための落としどころとして、親権と監護権を安易に分属させることは考えものですが、離婚後の協力関係に問題がないと見込まれるような場合には検討し得るでしょう。

なお、監護者には両親以外の第三者がなることも可能ですが、親権者の意思に反する場合に第三者に監護者指定の申立権があるかどうかについては、裁判例が分かれています。

Contact us

法律相談のご予約はこちら

03-5946-9973

受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

初回相談無料※延長30分5,000円

練馬法律事務所(第二東京弁護士会所属)

〒176-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

大江戸線 練馬駅徒歩1分

離婚に関する質問はお気軽に
お問い合わせください。Contact us

03-5946-9973 受付時間/平日9:30〜18:30(土日応相談)

メールでのお問い合わせ

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階

アクセスAccess

練馬法律事務所 (第二東京弁護士会所属)

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階